Fusionでの不透明度の扱い方【DaVinci Resolve NINJA】

DaVinci Resolveのチュートリアル動画シリーズである「DaVinci Resolve NINJA」。話せることはたくさんあるものの、演出面でああでもない、こうでもないと悩んでいる間に時間が経ってしまってしょうもないので一気呵成に連発してみた。
本当は一風変わった演出を伴ったレクチャーものを考えていたが時間と心的余裕がなさすぎる、地味にまとめてみた。

まずはDaVinci Resolveに内蔵されているFusionでオブジェクトの不透明度をコントロールする方法を紹介する。

Fusionには不透明度の概念がない?After Effectsとの大きな違い

「Fusionでオブジェクトの不透明度を調整する方法」by YMRchannel

先に書いてしまうが、今回紹介しているノウハウは僕自身で見つけた方法(その後海外のチュートリアル動画でその方法が正しいことを確認)だが、最初の頃はオブジェクトの不透明度をコントロールする方法がまったくわからずに何十時間も迷い、試行錯誤した経緯がある。

「こういった基本的なことくらいマニュアル読めばすぐわかるだろう」という意見もあるだろうが、公式マニュアルすら英語のFusionでそれは簡単ではないし、そのマニュアルすら普段から翻訳しながらそれなりのページを読み進めていても不透明度に関する情報は(少なくとも僕が確認した限りでは)載っていないのだ。

そんな高いハードルを持つFusion、Affinity PhotoやAffinity Designerはもちろん、After Effectsなどといったモーショングラフィック系のツールに慣れ親しんだユーザーの度肝を抜くような奇抜な設定方法についてはぜひ動画本編を観てみてほしい。

毎回YouTubeでクリエイター向けの情報やレビューを配信しています。よければ以下よりチャンネル登録お願いします。

フォローお願いします

【キョクチの講座紹介】言い値で受けられる「動画制作講座」

動画制作講座バナー
【オンライン講座でどこでも受講可能】
実質無料で受けられる動画制作講座。撮影から編集、YouTubeの運営方法に動画を作って仕事を請けるためのノウハウなどが習得できます。
0 0 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments