音質に課題あり? 『Google Home』レビュー【FAST REVIEW】

まだ今の事務所に引っ越した直後の頃、ガネさんからもらった1台のガジェットが僕の人生を少しだけ、ほんの少しだけ良いモノにしてくれた。
そのささいな幸せをくれたガジェットの名前は「Google Home」。

声だけで音楽・ニュース・天気・時間etc.を聴きだせる快適さ

何を今更なガジェットかもしれないこのGoogle Home、説明する必要もないくらい知れ渡ったカテゴリの製品ではあるが、僕が衝撃を受けたのは音楽やニュースを「正確・確実に」聴きだせるという、たったそれだけのことだった。
要はiOSに搭載されたSiriの出来があまりにアレ過ぎて全く使い物にならないために、これまでこの手のガジェットは「そういうモノ」なのだと諦めていたワケだ。

Siriの起動画面。反応の悪さにこれまでどれだけ業を煮やしてきたことか…。
Siriの起動画面。反応の悪さにこれまでどれだけ業を煮やしてきたことか…。

だがしかしこいつは違う。部屋のどこから話しかけてもほぼ確実に声を拾って応えてくれる。一つの応えを知りたいがために何度も話しかけて理解してもらう必要はない、たった一度質問するだけで答えてくれるこの当たり前の風景がこれまでありそうでなかったのだ。

部屋のどこから呼びかけてもすぐに返事をしてくれるGoogle Home。
部屋のどこから呼びかけてもすぐに返事をしてくれるGoogle Home。

生活に寄り添う優しいデバイス。でも音質は…

劣悪な環境でも持ち主の質問に対して正確に、レスポンス良く応えてくれるGoogle Homeだが音質に関してはスマートスピーカーとしては致命的なほど大きな欠点がある。とにかく音が悪過ぎるのだ。

これは著作権の関係上、動画の方でも言及できていないが文章で表すとしたら「低音や高音の効いた曲ならごまかせる(音質悪いけど)。だけどラジオだと相手の声がこもって聴き取りづらすぎる」といった類いのもの。僕は音質に関しては一般人と同程度の拘りしかないと考えているが、そんな僕でも音楽はかろうじて聴けるもののラジオを長時間聴いているとストレスが溜まってくる、せっかくの機能が台無しだ。
そういうこともあり、Google Homeの購入を考えている人は購入前に店頭で視聴することを強くオススメする。店内は騒々しいかもしれないが最低限の音質を確認しないまま購入すると相当後悔する可能性がある。

それでも大事なパートナー

音質は置いておいて、その他は地味に便利なGoogle Homeは使い始めて数ヶ月たった今でも変わらずの高い利用頻度で大満足しているパートナーだ。多分今コイツを没収されたりなんかしたら「生活に支障を来すレベルで落ち込む」のは間違いない。

ただひとつ気になるのは「発売から大分経過しているはずなのに、どうして新製品が登場しないのか」ということだ。時間がかかっても人々があっと驚くような隠し球を用意しているのか、はたまた(ないだろうが)ディスコンにしてなかったことにしてしまうのか…できるなら音質面を大幅に改善(強化ではない)した新型を期待したいところだ。

Google Home(販売ページ)
https://store.google.com/jp/product/google_home

Follow me!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *