【アップデート】DaVinci Resolve 17.3がリリース

本日DaVinci Resolveの最新バージョン「17.3」がリリースされた。
マイナーアップデートながらも処理エンジンに大きな変更を加えているようでパフォーマンスの改善が期待できる。
最新それに併せてFusion Studioもアップデート。改善点はごくごく少ないものになっている。

アップデートの前には必ずデータベースのバックアップをとっておこう。
バックアップの方法については過去の記事を参考にしてほしい。

DaVinci Resolve 17.3の主な変更点

  • Apple Siliconでの画像処理のパフォーマンスが2~3倍向上しました。

【Fairlightページ】

  • スルーレイテンシーの改善と、処理/入力バッファの調整が可能になりました。
  • ネーミング、メタデータ、フォーマットのコントロールが可能なエクスポートクリップダイアログの改良。
  • タイムラインでの編集選択をナッジできるようになりました。
  • タイムライン上の入出力範囲を消去したり、移動したりできるようになりました。
  • タイムラインのクリップをFairlightのエディットインデックスから選択できるようになりました。
  • 新しいオーディオトラックを追加する際のコンテキストベースのデフォルトを改善しました。
  • Fairlightのタイムラインルーラーの解像度が向上しました。
  • ゲインカーブは選択されるとツールチップ値を表示します。
  • 編集選択の下でクリップのゲインを変更すると、拘束されたキーフレームが追加されるようになりました。
  • タイムラインのクリップ名とゲインカーブを隠すことができるようになりました。
  • 再生時のタイムラインのスクロールオプションが追加されました – 固定、ページ、なし
  • トラックインデックスをドラッグしてバスを並べ替えることができるようになりました。
  • トラックインデックスでバスの遅延補正をバイパスできるようになりました。
  • 複数の選択されたトラックをコンテキストメニューから削除できるようになりました。
  • 新しいオーディオI/O環境設定オプションで、I/Oを個別に選択できるようになりました。
  • より多くのWindowsネイティブオーディオデバイスに対応しました。
  • Windowsにおいて、Steinberg ASIOを使ったマルチチャンネルI/Oに対応しました。
  • ALSA入力を使ったLinuxのネイティブオーディオ録音に対応
  • LRC、5.0、7.0トラックフォーマットのミックスダウンを改善しました。
  • リンクされたクリップの編集、ナッジ、フェードの動作を改善しました。
  • 修飾子を使って、すべてのトラックまたは選択したトラックのトラックとミキサーのパラメータを修正
  • Fairlightコンソールからアクセスできるパン、EQ、ダイナミクスコントロールダイアログ

【カラーページ】

  • Color Warperのデフォルトグリッドサイズをユーザーが設定可能
  • HDRカラーコントロールのデフォルトゾーンプリセットをユーザーが設定可能。
  • 分割画面のビューアをクリックすることで、アクティブなプレイヘッドを切り替えられるようになりました。
  • Resolve FX Aperture Diffractionのための新しいアナモルフィックアパーチャコントロール
  • Resolve FX Mosaic Blurのための新しいシェイプとより細かいモザイクコントロール。
  • Resolve FX Keyer garbage mattesの新しい回転コントロール
  • Resolve FX Glowのための新しい土とガンマのコントロールとパフォーマンスの高速化

【カットページ】

  • メディアプールのリストビューを、列を選択してソートできるようになりました。
  • タイムライン上のスチルクリップを簡単に識別できる新しいバッジを追加。
  • タイムライン上に配置された静止画を無視するように改善された同期ビン。

【エディットページ】

  • サブクリップからの編集をオリジナルメディアにマッチフレームすることができるようになりました。
  • インスペクタでシェイプとアイリスのトランジションを回転できるようになりました。
  • 「周りを再生」選択がトランジション選択でも機能するようになりました。
  • 新しく追加された字幕が再生ヘッドの位置を保持し、テキストをプレビューできるようになりました。
  • タイムラインの複合クリップインスタンスの名前を変更できます。
  • インスペクタパネルからフュージョンコンポジションの名前を変更できるようになりました。
  • サブクリップの作成時にクリップエクステント全体に名前を付けて使用するオプションが追加されました。
  • コンテキストメニューからタイムラインとスマートビンのクリップを複製できるようになりました。
  • タブ化されたタイムラインのクイックアクションを備えたコンテキストメニューが改善されました。
  • タイムラインビューアのオーバーレイは再生時にも保持されるようになりました。
  • メディアプールのマーカーリストをカーソルキーで展開できるようになりました。
  • タイムライン上のスチルクリップを簡単に識別できる新しいバッジを追加しました。
  • タイムライン上でマウスをドラッグした時のオフセットツールチップとサムネイルを改善しました。

【Fusionページ】

  • Windows と Linux で、DRFX バンドルをダブルクリックしてインストールできるようになりました。
  • Ctrl/Cmd-Shift-Eを押しながらのノードタイプの表示に対応。

【コーデックと配信】

  • エンコーダプラグインSDKでオーディオエンコードをサポート。
  • H.265エンコードをApple Siliconシステムでのスピードに最適化。
  • Apple SiliconでのAVC Intraデコードのハードウェアアクセラレーション。
  • JPEG-HT .JPHイメージシーケンスのデコードおよびエンコードに対応
  • 12ビットDPXフォーマットのデコーディングに対応
  • Mac OSおよびLinuxにおけるAV1クリップのデコードに対応
  • LinuxにおけるNVIDIAグラフィックスでのAV1デコードのハードウェアアクセラレーションに対応
  • WindowsのAMDグラフィックスでH.265 10ビットエンコードをハードウェアアクセラレーションで実行
  • Windowsにおいて、NVIDIAにおけるH.264 4:4:4 8-bitエンコードのハードウェアアクセラレーションが可能になりました。
  • Windows IntelシステムにおけるH.264およびH.265デコードのパフォーマンスが向上しました。
  • VP9ビデオコーデックを含むMKVクリップのデコードをサポートしました。
  • DCPレンダーのDFXPサイドカー書き出しオプションに対応しました。
  • AAC および AC3 オーディオを含む MKV クリップのデコードパフォーマンスが向上しました。
  • DCP パッケージ用の ISDCF 準拠のオーディオチャンネルのエンコードをサポート。
  • XDCAM クリップに MPEG2 ビットストリームキャプションを埋め込むことができるようになりました。

【全般】

  • プロジェクト数の多いディスクデータベースの起動速度を改善しました。
  • データベースの作成と接続プロセスの簡略化に対応しました。
  • AAFの読み込みで、ネストしたシンプルなクリップの変換に対応しました。
  • Resolve FX Motion Blurを使って、ページ間で専用のモーションエフェクトをかけることができるようになりました。
  • アーティファクト上の隣接するフレームを再利用またはブレンドするResolve FX Frame Replace
  • 複数のキーボードやスピードエディターを接続して使用できるようになりました。
  • 停止して最後の位置に移動するJKL再生が正しく動作するようになりました。
  • スマートビンのコンテキストメニューからメディアプール内にタイムラインを配置できるようになりました。
  • メディア、インスペクタ、その他のパネルを、中クリックを押しながらスクロールできるようになりました。
  • ギャラリー、ギャラリーアルバム、GalleryStillオブジェクトに対するスクリプトAPIのサポート。
  • タイムラインにビデオまたはオーディオのみのクリップを追加するためのスクリプティングAPIをサポートしました。
  • 一部のWindowsシステムにおけるPostgreSQLのインストール問題に対応しました。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性を改善しました。

Fusion Studio 17.3 の主な変更点

  • Ctrl/Cmd-Shift-Eを押しながらノードタイプを表示する機能をサポート。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

フォローお願いします

映像制作やYouTube、動画マーケティングなどに関する情報を配信中。

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
PAGE TOP