YouTuberデビューのためのおすすめ機材・ソフトを考える

普段ストアカでYouTubeに関するお悩み相談講座なんて開催してるとその中でよく機材に関する質問を受けることがある。まだYouTubeでの動画投稿を始めていない人もいれば始めたばかりの人もいて、この手の悩みはタイミングを選ばないものなんだとつくづく思う。

そういう人には大抵の場合「最初はiPhoneなんかのスマホで十分。反響が出てきてからその時にステップアップとしてきちんと考えればいい」という説明をしているが、せっかくなので個人的に初心者にオススメできるYouTuberスタートアップキット的なものを考えてみた。厳密な機種を指定しているものもあれば価格帯のみで区切っているものもあるが、なるべく安く買えて過不足なく使える、そんなラインナップになっていると思うので機材・動画編集ソフト選びに自信がないという方は参考にして欲しい。

なお、今回紹介する機材は国内の一般的なYouTuberさんのようなスタイルを目指している方に対しての紹介となることをあらかじめ断っておく。

1.カメラは「スマホ」でいい

こういっては身も蓋もないがやっぱりカメラはスマホでいい。iPhoneをはじめとした今のスマホはインカメラでも条件さえ悪くなければそれなりの画質は担保できるので、とにかくお金をかけたくないという方はこれで全く問題ない。強いて挙げるとすればキヤノンから発売されている「EOS M10 EF-M15-45 IS STM レンズキット(最安値で4万弱)」を買っておけばスマホのインカメラと比較して格段にキレイな映像を収録することができる。

キヤノンのEOS M10。コンパクトで女性にもオススメできるデジカメだ。
キヤノンのEOS M10。多少古くなってしまったがコンパクトで女性にもオススメできるデジカメだ。

ここで「スマホのアウトカメラを使えばそこまで差はないんじゃないか?」と思われる方もいるかもしれないが、それは確かにその通りだ。だが、アウトカメラを使ってしまうと画角を決めづらい・しゃべりにくいなどの弊害が出てしまうし、やはり自分の表情をチェックしながら満足のいく映像を撮影したいとなるとインカメラを使った方がより満足のいくものができる可能性が高い。
そういう意味でEOS M10はチルト式液晶を備えているので上述した問題は起こらない。

2.三脚はガッシリ重めのものであればどれでもOK

三脚はレンズと同様かなり長い付き合いになる大事な道具だ。例えカメラが壊れようともレンズと三脚は次のカメラでも使い回せることが多いため、ここはひとつケチらず50,000円くらいのものを、といいたいところだが、当然そんな高いものを勧める気もなくお安いものの話をさせてもらうと、これは正直メーカー問わずハズレさえ引かなければ問題ない

ハズレというのは、例えば1,000〜2,000円程度で売っているような、プラスチックで出来ているようなものを指す。こういった製品の問題点はとにかくカメラが安定しなくてアングルを決めるのに苦労することや、ちょっとした振動などの影響をすぐに受けてしまうことだ。特に前者は厄介で、厳密なアングルを決めようとすると膨大な時間を要してしまいがちだ。
経験則からいわせてもらうとハズレを引かないためには実際に店頭に足を運んで現物を確認するのが一番だが、新型コロナウイルス騒動の渦中にある現在、そんなことは現実的ではないのでamazonなどのECサイトを利用することになるかと思う。で、現物を確認できない時の無難な判断基準のひとつが「価格」だ。そんなのは当然のことだと突っ込まれそうだが、ひとまず4,000〜5,000円程度の金属製のものを選べば一般の方が使う分には大抵問題ない(材質は製品の販売ページに記載されている)。

amazonで三脚を検索した結果。安すぎるのは危険だ。
amazonで三脚を検索した結果。安すぎるのは危険だ。

3.動画編集ソフトはDaVinci Resolve一択…かと思いきや

次に動画編集ソフト。編集しなくても撮影した映像をそのままYouTubeで公開することもできなくはないが、それではとても人に観られるような作品は作れない。きちんと人に見せられるものを作りたいのであれば動画編集という作業は必須となるが、これは本来なら僕が認定トレーナーを務めさせてもらっている「DaVinci Resolve 16(無償版)」をオススメしたいところだが、今回はもう一段ハードルを下げてどんなスマホでも使える簡単・お手軽動画編集ソフトの「VLLO(ブロ)」をオススメさせてもらう。

このアプリのいいところは何といってもiOS・Android端末のどちらでも使えるところで、機能的に見ても単純な編集であれば簡単な操作でできてしまう。無償でも使えるし、気に入れば1,200円程度を支払うことによって制限なしで動画編集ができるようになる便利アプリだ。
そういった部分に目をつけて僕の方でも最近ストアカでこのアプリの使い方に関する講座を設けてみたので興味がある方は覗いてみて欲しい。

「【オンライン開催】スマホでYouTube動画編集 | 超カンタン♪」ストアカ
https://bit.ly/2SenseL

【番外】あると便利なアイテム

あると便利なアイテムたち。予算の都合がつけば揃えておくとより良い映像を作り出すことができる。
あると便利なアイテムたち。予算の都合がつけば揃えておくとより良い映像を作り出すことができる。

ここまでは動画制作の際の必須アイテムを紹介してきたが、なくてもいいがあるとより良い動画制作ができるというアイテムを2つ紹介する。

ひとつは照明。暗い部屋で撮影すると画質が荒れて本来ならツルツルスベスベの肌ががさがさで荒れた映像になってしまったりするが、その解決法として最も効果的なのがこの照明。
最近はLEDのビデオライトがとても安くなっていて三脚とライトが1セットで10,000円未満のものもいくつも出てきているので、多少予算を用意できるならなるべく早い段階で購入することをおすすめする。
さらに、女性であれば高い美顔効果が見込めるリングライト(大手女性YouTuberさんも大抵使用している)がオススメだが、こちらも以前と比べ劇的に値下げされており3,000円程度で買えるものまで存在する。購入を考えている方はamazonなりで「照明 撮影 ソフトボックス」や「リングライト」で検索してみてみるといい。

ふたつめがマイク。意外と意識されることが少ない「音質」だが、映像に優るとも劣らない重要な要素。音質を向上させることによって視聴者に対する負担が減り、より快適に視聴してもらえるようになる。

このマイク、様々な種類があって悩ましいところだがここはひとつ以前YouTubeで紹介させてもらった「 AVerMedia LIVE STREAMER Mic AM133」をお勧めさせてもらう。
動画を観てもらえば効果は一目瞭然(一耳瞭然か)、スマホのみでの撮影と比べ圧倒的に高音質で収録できていることが理解してもらえると思う。

いかがだっただろうか、まずはこれから初めてみたいといった方を対象に色々紹介させてもらったが、ステップや目標としているゴールによって取るべきアプローチが変わってくるように、それに機材もある程度合わせるカタチにするとより効果的にチャンネルを成長させることができる。今後折りに触れてそういった情報を発信していく予定なのでその時はぜひおつき合いいただければと思う。

毎回YouTubeでクリエイター向けの情報やレビューを配信しています。よければ以下よりチャンネル登録お願いします。

フォローお願いします

【キョクチの講座紹介】YouTubeのための動画編集講座 - ストアカ -

【オンライン講座でどこでも受講可能】
DaVinci Resolve動画編集講座。基本的なことからステップして最終的にはYouTubeへ動画をアップロードすることを目指します。

費用:5,000円 / 1h

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *