iPad / iPhone / Apple Watchにも対応。ZVE製スタンド

僕は普段iPhoneやiPadの定位置を決めていない。充電する時もその時々によって場所を変えたりすることがあり狭い部屋がより乱雑な印象になってしまっているが、今回紹介するZVE製のスタンドを利用すれば少しはスマートな部屋作りができるかもしれない。

定位置が決まれば景観の改善だけでなく作業効率を上げられる

全ての人には当てはまらないだろうが、そもそもなぜモノの定位置が重要なのかというと「人間は全ての物事を長期間覚えていられるわけではない」からだ。
僕の場合よくあるのが、打ち合わせに出かける際、iPhoneを探すも見つからず探しに探し回った結果、同系色の家具と同化して見分けがつきづらいiPhoneを発見するというものだが、これは同じような経験をしたことがある方は多いのではないだろうか。

これはいわゆる「眼鏡を探すお父さんの額に眼鏡がかかっている」あの状況と一緒で、モノの定位置を決めるだけで余計な労力と時間を(場合によっては大幅に)削減することができる。

身の回りにある各種デバイス。それぞれの定位置を決めれば不要なトラブルを事前に減らすことが可能になる。
身の回りにある各種デバイス。それぞれの定位置を決めれば不要なトラブルを事前に減らすことが可能になる。

意外に少ないApple Watch対応製品

さて、今回紹介するZVEさんのスタンドだが価格は2,000円と少し、それを考えれば質感は決して低くなく強度も十分に思われる。
エッジの部分は丁寧に面取されているため手に触れた時の感触もマイルド、小さなお子さんがいる場合などは無視できないポイントだ。

iPhone&Apple Watchを設置してみたところ。なかなかに収まりがいい。
iPhone&Apple Watchを設置してみたところ。なかなかに収まりがいい。

そしてこのスタンドの1番のポイントはiPhone・iPad(その他各種スマホ・タブレット)だけでなくApple Watchにも対応しているところで、これは調べてみて驚いたことだが、この手の製品でこの3製品全てに対応している製品というのは思った以上に少なく選択肢がほとんどない。
そう考えればデザインや使い勝手の面でそつのないこの製品の優位性が見えてくる。

Amazon内での類似品の数々をみてもApple Watchにまで対応した製品の数は多くない。
Amazon内での類似品の数々をみてもApple Watchにまで対応した製品の数は多くない。

ただ少し気になるのは、スタンド背面からiPhone充電用のケーブルとApple Watch充電用のケーブル2本が出ている状態になるが、個人的には一本で済ませてもらえると見た目と取り回しの面で嬉しいということと、iPadとiPhoneの充電はどちらか片方ずつしか利用できない、iPad設置時にはApple Watchが設置できないなどといった制約があるためiPhone・iPad・Apple Watch全てを持っている(僕のような)方は気をつけないといけない。

最後に、今回取り上げたこちらのスタンドだが、番組オリジナルポイント「ヤムーポイント」と交換することが可能だ。
必要なポイント数は10pt、ポイントの詳細についてはキョクチの公式twitterアカウントを確認して欲しい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *