キョクチ

ついに縦書き対応! DaVinci Resolve 17.4リリース!!

本日DaVinci Resolveの最新バージョンである17.4がリリースされた。

前回同様M1 Macに対する最適化が際立つアップデートであるものの、中でも最新MacBook Pro(M1 Pro / M1 Max)に対する最適化が際立つものとなっている。

といっても他のプラットフォームをないがしろにしているということではなく、全体を見渡してみるとマイナーアップデートとは思えないほどの充実した内容。特に一部のユーザーにはText+エフェクトを利用した際のテキストの縦書きに対応したというのはとてつもなく大きいものに違いない。

こうして見ていくと、BlackmagicのAppleシリコンに対する最適化というのは優先順位の高い事項なのだということが読み取れる。とすると、もうDaVinci Resolveを使っていく上ではIntel Macの役目は案外早いうちに終わってしまうのかもしれない…。

アップデートをする際はデータベースのバックアップをとった上でアップデーを強く推奨する。

Blackmagic Designのサポートページ
https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/

なお、今回のアップデート内容に関しては翻訳サービスであるDeepLを利用させてもらっている。

主な機能

  • Apple M1 ProおよびM1 MaxにおけるApple ProResのハードウェアアクセラレーション。
  • Mac OS MontereyにおけるDaVinci Neural Engineのパフォーマンスの向上。
  • 対応するMacBook Proでは、ネイティブHDRビューワーと120Hzの再生が可能
  • レンダリングプリセットを使ったDropboxとDropbox Replayのネイティブな統合
  • マーカー、コメント、アノテーションをDropboxとDropbox Replayに同期
  • タイムラインマーカーをYouTubeのビデオやQuickTimeのチャプターとして書き出せます
  • Steinberg VST3に対応し、さらに多くのオーディオエフェクトを利用可能
  • SDRとHDRを選択できるシンプルな自動カラーマネジメント設定
  • 3Dキーヤーとマットフィネスのコントロールを改善
  • フィルムハレーションやカスタムミキサーを含む新しいResolve FX
  • 複合グリフ、右から左へのテキスト、縦書きレイアウトに対応したText+のサポート
  • 背景の自動リサイズや親タイムラインへの分解が可能な字幕

Apple M1 ProおよびM1 Max

  • Apple M1 ProとM1 Maxでは、ハードウェアアクセラレーションによるApple ProResを利用できます。
  • Mac OS MontereyにおけるDaVinci Neural Engineのパフォーマンスが向上しました。
  • M1 ProとM1 MaxのMacBook Proでは、120HzのUIと再生がよりスムーズになりました。
  • M1 ProとM1 MaxのMacBook Proでは、HDRビューアがネイティブになりました。
  • Mac OS上でのネイティブなフルスクリーンモード

Dropbox

  • DaVinci Resolveの環境設定でDropboxにログインできます。
  • DropboxとDropbox Replayのためのレンダリングプリセットで、バックグラウンドでのアップロードが可能。
  • StudioでDropbox Replayとコメントや注釈を同期
  • StudioでDropboxとマーカーやコメントを同期

編集

  • 字幕とキャプションの背景が、テキストコンテンツに合わせて自動的にサイズ変更されるようになりました。
  • ネストされたタイムラインの字幕トラックが、メインタイムラインに分解されるようになりました。
  • 新しい字幕キャプションを追加する際に、テキストエリアに自動フォーカスするようになりました。
  • アップル社のシリコンシステムでは、シンプルなタイトルとサブタイトルの表示が速くなりました。
  • タイムラインのポジションカーブの入退出を容易にする機能を改善しました。
  • レンダリング・イン・プレイスの操作にエフェクトやグレードを含めるオプションを追加しました。
  • スピードエディターを使って、編集ページでマルチカムアングルを切り替えられるようになりました。
  • タイムラインのギャップに対して選択をマークする機能。
  • フェアライトページで作成された非対称のオーディオトランジションを編集。
  • cmd/ctrlを使ってビデオとオーディオのトランジションを非対称にトリミング。
  • shift + マウスドラッグでオーディオクリップのゲインを微調整できるようになりました。
  • オーディオクリップのリタイム属性の貼り付けに対応。
  • オーディオの同期をタイムコードの最初の一致に限定するオプション。
  • インスペクタの各モードの上にカーソルを置くと、合成モードをプレビューできる。
  • インスペクタでクリップごとにインターレース解除の品質を設定できるようになりました。
  • 新しい正方形のアイリストランジション。
  • シェイプトランジションのカスタムアスペクト比コントロールに対応。
  • ビューアでのFusionツールのオーバーレイの改善。
  • インスペクタでのFusionエフェクトとText+のアンドゥサポートの改善
  • エフェクトテンプレートのフォルダベースの構成に対応。
  • 前/次のタイムラインタブに移動するためのカスタマイズ可能な新しいキーアクション。
  • 中クリックでタイムラインタブを閉じることができるようになりました。
  • カットビューアのエフェクトパネルからジェネレータとタイトルをプレビュー。

Color

  • カラーマネジメントされたプロジェクトのための自動モードをサポートします。
  • ACES 1.3、色域圧縮、新しいCSC変換のサポート。
  • 新しいモード、優れた選択/ストロークロジック、ライブフィードバックを備えた新しい3Dキーヤー。
  • HSLキーヤーとルーマキーヤーを改良し、マットフィネスコントロールを更新。
  • トラッカーとマジックマスクにおいて、ワンアクションで前方と後方にトラックできるようになった。
  • ノードのツールチップにLUTとエフェクトの種類が表示されるようになった。
  • レイヤーとキーミキサーに新しいリンクをドラッグすると、ノード入力が自動作成される。
  • キーリンクの上にカラーノードをドラッグすると、キーとRGBの接続が作成されます。
  • プライマリツールとセカンダリツールのアイコンが追加され、切り替えが速くなりました。
  • Dolby Vision 分析またはトリムを行ったタイムラインクリップのクリップフィルタ。
  • 無効になったクリップはタイムライン上でグレーで表示されるようになりました。
  • ARRI MXF ProRes クリップへのカメラ LUT および CDL の適用をサポートしました。
  • アプリケーションを再起動してもプリンタライトの状態が保持されるようになりました。
  • タイムライン上のマーカーに移動すると、中央のマーカーまで自動スクロールするようになりました。

Resolve FX

  • フィルムハレーションは、スタジオでフィルムストックの反射と散乱をエミュレートします。
  • カスタムミキサーにより、エフェクトとグレードをより細かく組み合わせられるようになりました。
  • 編集およびFusionにおける3D、HSL、Lumaキーヤーの改善。
  • 既存のキーヤーのノイズ処理とキーの洗練度が向上。
  • ソースとターゲットを一致させる機能を備えた改良型パッチリプレーサー。
  • インタラクティブなプレビューとグレインフリーズオプションを備えたフィルムグレイン。

Fairlight

  • Mac OSとWindowsでSteinberg VST3オーディオエフェクトをサポート。
  • ミキサー内でのエフェクトの並べ替え、移動、複製が可能。
  • 部分的なフェードを含むクリップ範囲のコピーに対応。
  • 片側のオーディオトランジションをフェードとして表示するようになりました。
  • Linuxでマルチチャンネルオーディオ出力に対応しました。
  • トラックの高さやズームレベルを下げても波形を表示できるようになりました。
  • タイムライン上のキーフレームの選択部分をshift-クリック、cmd-クリックできるようになりました。
  • 前後のタイムラインマーカーに移動すると、マーカーが選択されるようになりました。
  • Fairlight ミキサーのデフォルトの処理順序を改善しました。
  • オートメーションカーブは、オートメーションが存在しないときに現在の値を表示します。
  • 編集選択モードで編集カーソルが点滅する。
  • クリップインデックスの列の順番と検索方法を改善しました。
  • エディターキーボードとスピードエディターのジョグ、スクロール、シャトルを改善しました。
  • Fairlight FXメーターの表示サイズを変更し、チャンネルラベルを改善しました。
  • Blackmagic社のモニタリングデバイスを使用する際のオーディオパフォーマンスを改善しました。

Fusion

  • Text+が複合グリフと右から左への言語レイアウトに対応。
  • Text+の縦書きレイアウト、縦書きグリフ、回転、行方向を改善しました。
  • Text+の文字のグループ化、スペーシング、アンダーライン、ボーダーの改善。
  • Text+では、サポートされているフォントの文字単位のスタイルセットをサポートしています。
  • Text+での旧式の数字を含むOpenType機能のサポート。
  • 文字のスタイリングとアニメーションに関するText+の複数の改良。
  • エフェクトパネルとツール追加ウィンドウで、カーソルを置くとツールの説明が表示されるようになりました。
  • トラッカーのデフォルト検索とグリッドワープのパターンサイズを改善しました。
  • トラッカーオプションに検索エリアのスケールスライダーを追加しました。

コーデックとファイルI/O

  • YouTubeレンダープリセットのエンコード設定を改善しました。
  • タイムラインマーカーの色をYouTubeビデオのチャプターとして書き出すオプションを追加しました。
  • タイムラインマーカーの色をQuickTimeのチャプターマーカーとして書き出せるようになりました。
  • QuickTimeとMP4クリップのオーパスオーディオのデコードに対応しました。
  • Apple SiliconでPanasonic 8K AVCのデコードをハードウェアで高速化しました。
  • ARRI ARXクリップのデコード速度を改善しました。
  • Windowsの無償版でH.265のエンコードをハードウェアで高速化しました。
  • StudioでサポートされているNvidiaシステムでH.264エンコードプロファイルオプションを追加しました。
  • サポートされているWindows Intelシステムにおいて、H.264/H.265エンコードのビットレートを制御できるようになりました。
  • Studioを搭載したWindows Intelシステムにおけるハードウェアアクセラレーションの高速化
  • ZIP1圧縮によるEXRのレンダリングに対応
  • DCP/IMFコンポジションのネーミングオプションにカスタム言語を追加できるようになりました。
  • DCPのネーミングに、承認されたオペレーター/レーティング/リージョンのリストを使用できるようになりました。
  • IOエンコードプラグインSDKでのマーカーのサポート
  • Sony XAVC Intraクリップの再エンコードをバイパスする機能
  • サードパーティのXMLワークフローのためのコメントメタデータの保持を改善しました。
  • ツールチップによるレンダリングジョブ名の表示を改善しました。

全般

  • オーディオアイコンを右クリックすると、メディア、カラー、配信ページの音量を調整できるようになりました。
  • メディアストレージのシーケンシャルイメージフォーマットを静止画またはクリップとして自動認識するようになりました。
  • 名前を付けて保存」の実行時に、既存のプロジェクトを上書きするかどうかを確認するメッセージを表示するようになりました。
  • PostgreSQLデータベースのロックされたプロジェクト表示と使用情報のツールチップ。
  • プロジェクトマネージャからPostgreSQLデータベースのクローンを作成する機能
  • プロジェクトマネージャからPostgreSQLのアクセスキーをエクスポートする機能
  • AAFをインポートする際に、現在のタイムラインにインポートするオプションが追加されました。
  • ビデオクリップのインスペクタプロパティにアクセスするためのスクリプティングAPIのサポート。
  • タイムライン上のプレイヘッドの位置を設定するためのスクリプティングAPIのサポート。
  • ビデオクリップのカラーバージョンを取得するためのスクリプティングAPIのサポート。
  • レンダリングジョブAPIにアップロードステータスを反映させるためのスクリプティングAPIのサポート。
  • レンダリングジョブでネットワーク最適化を設定するためのスクリプティングAPIのサポート。
  • Mac OSにおけるH.264マルチパスエンコードオプションに対するスクリプティングAPIのサポート。
  • MediaInノードへの問い合わせ時のスクリプトプロパティセットを改善しました。
  • Vimeo のログインに関する問題に対応しました。
  • 全般的なパフォーマンスと安定性を改善しました。

フォローお願いします

映像制作やYouTube、動画マーケティングなどに関する情報を配信中。

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
PAGE TOP