【アップデート】M1 Macユーザーには必須! DaVinci Resolve 17.3.2リリース

【アップデート】M1 Macユーザーには必須! DaVinci Resolve 17.3.2リリース

本日、DaVinci Resolve(とFusion Studio)のアップデートがリリースされた。
これまでのアップデートとは違い随分と小規模、随分と地味な印象を受ける内容とはなるものの、よくよく読んでみるとM1 Macユーザーにとってはそれなりにメリットの大きなアップデートだと思える。

アップデートをする際はデータベースのバックアップをとった上でアップデーを強く推奨する。

Blackmagic Designのサポートページ
https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/

ブラックマジックデザインのサポートページ
ブラックマジックデザインのサポートページ

今回も翻訳はDeepLを利用し、部分的に修正を加えている。

DaVinci Resolve 17.3.2の主な変更点

  • Blackmagic RAW SDK 2.2に対応しました。
  • カラーワーパー使用時の不安定な問題に対応しました。
  • DaVinci Wide Gamutを使用する際の不正なHDRハイライトに対応しました。
  • Fairlightタイムラインで記録されたクリップの名前の問題に対応しました。
  • リンクされたトラックにキャッシュされたオーディオエフェクトの不正な再ロードに対応しました。
  • Fairlightの欠落したEQおよびその他のオートメーションの問題に対処しました。
  • 特定のAMDドライバーに対するFairlight SpaceViewの不正な表示に対処しました。
  • Fusion のトラッカーモディファイアを使用した後のフリーズの可能性に対処しました。
  • 小さな画像におけるFusionの平面変換の問題に対応しました。
  • Apple Siliconシステムでのレンダリングのアップロードに関する問題に対処しました。
  • Apple Siliconシステムでのクラシックスタビライザーの問題に対応しました。
  • Apple SiliconシステムにおけるLUT生成の問題に対処しました。
  • 特定のXAVCクリップをデコードする際のフレームの順序不同に対応しました。
  • 不正な形式のCLF LUTを読み込む際の問題に対処しました。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性を改善しました。

Fusion Studio 17.3.1の主な変更点

  • Blackmagic RAW SDK 2.2に対応しました。
  • トラッカーモディファイアを使用するとフリーズする可能性がある問題に対応しました。
  • 小さなイメージでの平面変換の問題に対応しました。
  • 冗長なログの問題に対応しました。
  • 新規インストール時にFusionの設定が保存されない問題に対応しました。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性を改善しました。

フォローお願いします

映像制作やYouTube、動画マーケティングなどに関する情報を配信中。

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
PAGE TOP