”DaVinci

尖り過ぎのパーフェクトカメラ、ニコン Z8レビュー

ニコンの新型ハイクラスカメラ「Z8」。このカメラが手元に届いてはや2週間経つが、ようやくそのレビューを終えることができた。

全ての面でテストできたわけではないものの、個人的に重視している部分については十分検証することができた。結論としては期待していた8K画質は想像以上の精細さであり、想像以上にZ8は完成度が高く尖っていた。

価格対性能比確実に高め。現時点で最高画質・性能の名機

Z8に対する意見はほぼ動画コンテンツの中で話してしまったので、ここではそれらをまとめてZ8を評価してみたい。

まず最初に伝えておきたいのは僕がZ8というカメラをとても気に入っていることだ。
写真撮影だけ取ってもこれまで見てきたフルサイズ機と同等かそれ以上の画質。それでいながらの超高速動作(AFやその他の操作のレスポンス全てが猛烈に速い)、この点だけでも他のカメラであればマーケティング的強みとできるところをZ8は動画撮影に関しても現状最高レベルの機能(本体のみ、外部電源などを必要とせずに8.3K60pが収録可能)を持っている。写真撮影を業務として、映像制作を業務としている者両者にとってZ8は最高レベルの結果を提供してくれる素晴らしいカメラだ。

2年ほど前にZ9が出た時、その弩弓の性能に驚きはしたものの持ち運びに適さない重量やサイズを敬遠していたが、それらを見事にクリアした上で価格を大きく下げたZ8は(価格さえ許せば)多くの人にとってベスト、もしくはベターなカメラなのは間違いない。

もちろん、動画の中でも触れているように暗部の表現に少し残念な点はあるものの許容範囲内。どこにでも持ち運べるシネマカメラ級のミラーレスカメラがたったの60万円で買えてしまうのであれば、たとえマウント変更という痛みを伴ったとしても乗り換えてみる価値はあると断言できる。

8Kを4:2:2 10bit、かつH.265で収録できるようになればひとまず完璧だが、そこは今後のファームアップを期待しておく。本体・レンズ・ストレージまで全てにおいてやたらコストのかかる一品ではあるが、今後の映像制作をワクワクさせてくれる名機だ。

最後に、今回レビューで利用した動画データを1週間限定で配布する。

ファイル数は5つ。動画データのみ、かつFHDのH.264ファイルに圧縮しているが画質に関するちょっとした知見を得るには事足りるかと思う。オンラインコミュニティー「Step2」のメンバーに対してはより多くのファイル、それもオリジナルデータを配布している。
なお、本データはあくまでも確認・練習用。これにより発生したいかなる損害に対しても責任は負いません。

映像素材ダウンロード
https://84.gigafile.nu/0616-d3b354fe44cdcf03aa7d0243b2fa34e6

フォローお願いします

映像制作やYouTube、動画マーケティングなどに関する情報を配信中。

”Step2バナー”
0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
PAGE TOP