新型iPad Pro 2021、M1チップ搭載で『Mac』になる!?

「出た」。

日本時間4月21日の深夜2時30分過ぎ、Appleの新製品発表イベントを観ていてそう呟いてしまった。
多色展開してきたiMacにiPhone12の新色展開、Apple TVといった新製品の最後に発表された全く新しいiPad Proは予想していない仕様で登場してきた。

iPad Proをこれまでリリースされてきた同製品の延長戦として捉えれば新型に搭載されるチップはA14Xが当然のハズだが、それをなんとこれまでMacに搭載していた「M1チップ」をのままのカタチでiPad Proに搭載してきたのだ。

世界中で大絶賛のホットなSoCを積んできた新型iPad ProはすでにMacか

M1チップはパソコンやMacでいうところのCPUというシンプルなものではなくSoC(System-on-a-Chip)という、CPUやGPU、さらにはそれ以上の機能を詰め込んだ半導体の集合体。
去年の後半からM1チップを搭載したMacBook AirやMac Miniが出始めているが、ネット上の様々な媒体および各ユーザーからの評価はとても高く、今世界で一番注目を集めているSoCといって差し支えないと思う。

その特徴は低発熱・省電力でいて高パフォーマンスという、これまでのデスクトップ・ノート型マシンではなし得なかったいいとこ取りの塊といったもので、性能だけでいっても3年ほど前のMacBook Proの最上位モデルに対してもほぼ圧勝といった状態で、当時大金をはたいて最上位モデルのMacBook Proを購入した動画人ターナーも涙目必死だ(本人は16インチのMBPが出たら買い替えたいと言っている)。

その他の細かい説明は以下の動画で。思いつきで撮影・制作したにしてはそれなりにうまくまとめることができたと思っている。
ひとつ言えるのは、今回のiPad Proの登場は単純な性能だけでは計れない、大きな流れを生み出す可能性があるということだ。

フォローお願いします

DaVinci Resolve基本マスターコース - Udemy -

DaVinci Resolve基本マスターコース
DaVinci Resolve 17の基本を最短・最速でマスターしてすぐに作品制作に取り掛かりたい人にオススメの動画教材。これ一本で動画編集のほぼ全てが分かる、有償版はもちろん無償版ユーザーも大歓迎です。
0 0 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
PAGE TOP