キャッシュを開放して快適に作業する方法 | Fusionの使い方

超が付くほど高機能なDaVinci Resolveだが、その中でも最も高機能かつ難解な機能がFusion。
類似する機能を持つソフトはアドビのAfter Effectsだが、そのAfter Effectsユーザーでも最初は面食らうこと間違いなしのFusionはVFXツールにありがちな「メモリ大食いツール」だ。

それとは逆に、DaVinci Resolve自体はメモリをほとんど必要としない作りになっていて、Blackmagicが「GPUさえ強力なモノを積んでいればメモリ8GBのシステムでも8K60Pのクリップをリアルタイムに再生できる」と発言するほどメモリの重要性は低いのに、ことFusionの機能だけは盛大にメモリを消費してしまう。

今回はそんな困った特製を持つFusionを極力快適に利用するための便利な使い方を紹介する。

メモリを解放してFusionを快適に利用する

単純な編集やカラコレであればメモリの必要性は薄いDaVinci Resolveだが、Fusionでの作業が多くなってくるとそれに比例するカタチでメモリの重要性が増してくる。

感覚的には4Kのプロジェクトでモーショングラフィックやコンポジットを多用するのであればメモリは最低で32GBは必要で、可能であれば128GBくらいあると随分楽になるんじゃないかといった具合だ。

とあるフルHDのモーショングラフィックスを制作しているところ。画面右下に常時表示されている数字がメモリの使用量だ。
とあるフルHDのモーショングラフィックスを制作しているところ。画面右下に常時表示されている数字がメモリの使用量だ。

64GB以上のメモリを積んだマシン環境をお持ちの方であれば盛大にメモリを消費しつつ快適な制作活動に勤しむこともできるだろうが、世の中そんな環境を持っている人間は多くないので「メモリの消費量がひっ迫してきたらその都度メモリを解放して使う」といった小技が必須になる。

現在のPCやMacのほとんどはストレージがSSDに切り替っているためそこまでメモリの重要性に気付く機会は多くないが、HDD搭載マシンが全盛の頃はメモリがひっ迫した時の速度低下がとにかくヒドく、低容量のメモリしか搭載していないマシンでの生産性は今ほど高くなかった。
そんな時代からAfter EffectsやFusionでずっと重宝されてきた小技が「キャッシュの開放(Purge Cache)」だ。

キャッシュを開放するとメモリに溜め込んだ多くのデータを放出、一気にメモリの使用量を低下させることができる。
注意点としては、キャッシュは通常様々な処理を溜め込むことで再生パフォーマンスを向上させるために使われるものなので、これを開放するということは再生パフォーマンスを低下させるというトレードオフが発生してしまう。このような理由によりいくら便利な小技だからといって無闇に多用するのは好ましくない。

キャッシュの開放をするには画面右下にある数字を右クリック、表示される選択肢の中から「Purge Cache」を選択するだけだ。

画面右下にある数字を右クリック。表示される「Purge Cache」をクリックすればメモリ(キャッシュ)が開放される。
画面右下にある数字を右クリック。表示される「Purge Cache」をクリックすればメモリ(キャッシュ)が開放される。

キャッシュが開放される度合いというか、利き具合はシチュエーションによって異なるので確実な効果を約束することはできないが、余程のことでもない限りは効果抜群、この手法を使えば16GB程度のメモリしか積んでいないマシンでも「それなりに」Fusionを使った映像制作を楽しめるはずだ。

キャッシュを開放する前と後の比較。メモリの使用量がおよそ半分程度にまで低下しているのが分かる。
キャッシュを開放する前と後の比較。メモリの使用量がおよそ半分程度にまで低下しているのが分かる。

Fusionの基本から応用テクニックまでを網羅した動画教材「Fusion基本マスターコース」の中ではその他にも様々なテクニックについてのレクチャーを収録しているので、もしよかったらそちらもチェックしてもらえればと思う。

『Fusion基本マスターコース』紹介ページ
https://kyokuti-creator-school.teachable.com/p/davinciresolve_fusion_bmc

DaVinci Resolve(ダビンチリゾルブ)を中心とした動画編集やYouTube運営・マーケティングに関する情報をメルマガで配信しています。以下より登録してもらえると嬉しいです。
https://successful-creator-4345.ck.page/4df30e90af

フォローお願いします

映像制作やYouTube、動画マーケティングなどに関する情報を配信中。

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
PAGE TOP