【レビュー】新型iPad Proは誰でも最高の体験ができるNo.1タブレットだと思う

番組内でほとんど喋ってないしSNSなんかでもまともに書いていなかったけど、実は今年の頭も頭、1月1日にiPad Proを購入した。スペックはサイズが10.5インチ(12.9インチモデルは持ち運ぶには大きすぎた)、ストレージが512GBのセルラーモデル。そして、それに加えてSmart KeyboardとApple Pencilの2つ。

購入はAppleのオンラインストア、でも実際の受け取りは1月2日に初売りが行われるというApple銀座店にした。
別に急いでiPad Proを使いたかったワケではないのに店舗受け取りとしたのは初売り恒例と言われるハイタッチを映像に収めてやろうと考えていたからだけど、行ってみれば銀座は僕が普段見る歩行者天国ではなかったため、映像として撮るほどのモノでもないと判断、大人しく並んでの購入となった。

せっかくの高い買い物、しっかりと元を取るためにまずはレビュー動画でも作ろうと思い、3週間ほど使い込んで得た情報をフィードバックしていく。

とにかく全てが凄いiPad Pro

のっけからもうこれ以上書くことなんかないというほど書いてしまっているけど、iPad Pro、ホントに凄い。

何がどう凄いのか、速いだけじゃなくApple Pencilのアナログ感、ワコムのペンタブレットじゃ到底味わえないような描き味が堪らなくイイ(100点満点というワケじゃないけど)。ついでにSmart Keyboardも僕には向いているようで、Macbook Proと同程度の速度でタイピングすることが可能。試しにいくつかの記事を書いてみたけどタイピングに関してもほとんど問題なくスムースに書きつづることができた。

ほぼ全てのことをこなせてしまう万能機

記事を書いてみたとは先に書いたけど、実はただ書いただけじゃなくひとつの記事を投稿する際の全てのプロセスをiPad Proだけで完結できないかということをテストしている。

僕の場合、一記事を作成する時のフローとして以下の内容と順番を経て公開としている。

  1. マインドマップによる取り上げる内容の洗い出し
  2. 情報収集
  3. 執筆
  4. 写真加工・グラフィックの制作
  5. 記事投稿

結果から言えばiPad Proは上記のフロー全てをこなすことができた。僕はサイトの構築にWordPressを使っているけど、そこへ個別にファイルをアップロードできるかということが1番のネックだったものの、試してみたらなんの問題もなくアップロードできてしまい、無事全工程を終了。

仮にこのフローをiPhoneで行おうとすると実際に実行できるのは情報収集に執筆と記事投稿くらいで、Proではない普通のiPadでもそれはほとんど変わらない。MacBook Proならもう少しできることは増えて写真加工とグラフィック制作までもこなすことができるようにはなるものの、アナログ的な工程であるマインドマップの作成ができない。

コンテンツを消費するだけでなく生み出すことのできるデバイスになったiPad Pro

購入するまではどれくらい自分の環境で使うことができるのか心配だったものの、この3週間肌身離さず使ってきて実感できたことは、これまで動画鑑賞やゲーム、そして読書などといったコンテンツを消費することに重点を置かれてきたiPadが、Apple Pencilという強力なパートナーを得ることによって「コンテンツを生み出せるデバイス」に進化したということだった。

これまでのiOSデバイスの進化の過程を見てみると、DTMあたりには比較的早くから高機能なアプリが出始めていていたものの、平面、つまり写真加工やグラフィック関連に関しては多くは出ていてもどれもお手軽機能を並べたもので細やかな作業をするためのツールではなかった。そこをいよいよというか、ついにiPad Proが出たことによってより高度なアプリが出る下地を作ったのは間違いない。

それでも、制作業の中には映像制作に限らず3DCGなんていうウルトラヘビー級の作業がまだまだある。現段階ではこれほど高性能化したiPad Proでさえそんなヘビーな用途には使えるとは思えない。でも、マウスなどのポインティングデバイスを持たなかったiPadがたった一本のエンピツを使えるようになった、たったそれだけのことで可能性が果てしなく広がるんだということをまずは手に取って感じて欲しい。

もちろん、この記事もiPad Proで執筆した。

■今回使用したアプリ/機材の一覧
・Serif Affinity Photo
・Serif Affinity Designer
・Blackmagic Design URSA Mini 4.6K
・Blackmagic Design DaVinci Resolve Studio
・Adobe After Effects
・Adobe Premiere
・Adobe Audition

■ 使用楽曲
・NEW WAVE SOUNDS “COOL KIDS TABLE”
https://app.soundstripe.com/songs/3860

・TRIADS “WIRE AND FIRE”
https://app.soundstripe.com/songs/3684

オーミネ

フリーランスでグラフィック制作・映像制作やってます。
YouTubeで頑張る人を応援しつつ、そんな人たちに少しだけ役立つ動画コンテンツも配信中。

YMRchannel(YouTube)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *