【2017】オススメのデジカメランキング -パート2 中価格帯機種

デジタル一眼レフ編に突入したランキング動画、今回は「キヤノン EOS M6」「リコー PENTAX KP」「富士フイルム X-E3」「オリンパス OM-D E-M10 Mark III」「ニコン D5600」の中価格帯機種5機種を比較・評価しています。

もうね、単純な性能面ではもう全部合格、後は好みと目的と機種ごとの得手不得手あたりくらいしか判断材料がなくてランク付けに困るよ!

スチルスペシャルかハイスペックオールマイティーでいくか

この価格帯のデジカメ、まあ普通に選んだら絶対に失敗がないっていうか性能的にはきちんと用途を踏まえて購入すれば不満が出ることはほぼないと思う。ただ、やっぱりメーカー毎に力を入れてくるポイントは違ってくるわけで、そこらへんをきちんと理解した上で自分に合った最高の一台を探し出すっていうのが一般消費者が目指すべきゴール。

最近のキヤノンは相変わらず動画は駄目だけどスチル画質はノイズ特性も含めて良くなってきてる(5DM3あたりは何か酷かった)し、ミラーレス一眼タイプの投入はあんなに遅かったのにデュアルピクセルAFを早々に採用してたりでとっても元気。

リコーのPENTAX KPとニコンのD5600がスチル特化型でとにかく強烈な画質という印象。さらに、KPは画質が猛烈に素晴らしいというだけじゃなく業務用途でも十分活躍してくれる強力な機能をいくつも搭載していて個人的に滅茶苦茶欲しい機種。
あのいかつい、マイナーっぽい外見もまたイイんだよねえ、キヤノン機やニコン機にはないニッチな感じがとても素晴らしい。

スチルだけじゃなく動画性能まで高い機種もあり、それがOM-D E-M10 Mark IIIとX-E3あたりがかなり良さげ。動画撮影でも相当な効果を発揮するオリンパスのボディ内手ぶれ補正、フィルムシミュレーションで誰でも奥深い色味の映像を撮ることが可能なX-E3と、ここらへんは単純に動画性能だけでは比較できない部分なのでお好みと用途でどうぞといったところ。
こんな凄いカメラたちが10万もしないで手に入るなんて凄い時代。まだ持っていないという方には早いところ携帯電話のカメラは卒業して、もっと楽しい写真の世界に浸かってもらいたいなあ。

さて、そんな魅力的なデジカメたち、結局どれが僕的No.1なのか、それは本編を観てのお楽しみ。

■各機種紹介部分へのリンク

・Canon EOS M6紹介部分
https://youtu.be/4qXwItPW0JE?t=53s

・RICOH PENTAX KP紹介部分
https://youtu.be/4qXwItPW0JE?t=1m40s

・FUJIFILM X-E3紹介部分
https://youtu.be/4qXwItPW0JE?t=2m38s

・Olympus OM-D E-M10 Mark III紹介部分
https://youtu.be/4qXwItPW0JE?t=3m36s

・Nikon D5600紹介部分
https://youtu.be/4qXwItPW0JE?t=4m32s

オーミネ

フリーランスでグラフィック制作・映像制作やってます。
YouTubeで頑張る人を応援しつつ、そんな人たちに少しだけ役立つ動画コンテンツも配信中。

YMRchannel(YouTube)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *