サーバー引っ越し事件簿

はいどうも、オーミネです。サーバー引っ越ししたらデータ全部きえちゃったっていう当たり前な話をしていきます。

すべてはそこから始まった

思い返せば約2ヶ月前、友人のやってる会社が提供しているレンタルサーバーを貸してくれるっていう話があったワケですよ。
これ読んでくれてる人はよくお分かりだと思うけど、特に人が来るでもないこの過疎サイトは月額100円の激安サーバーを使っても全く問題ない。んだけど、管理側のこっちからしてみるとその管理画面からえっちらおっちら設定変えたり記事書いたりっていう時に遷移にかかる時間が長くてしょうがなかったワケですよ。

具体的にいえば3〜5秒くらいかかっちゃう。だから徹底的にサイトをカスタマイズするぞなんていう強い決意でもない限りは設定をいじる気も湧かなかったワケですよ、ええ。
そんな時に友人からの鶴の一声「じゃあウチのサーバー、使う?」ですよ。これね、ただのサーバーじゃないんです、まずSSLに対応してる。だから新サイトはURLが変わって今どきのSEOに合致するカタチになってる。
で、次がストレージ。コイツのはHDDじゃなくSSDだからタイムラグがなく恐ろしいほどに速い。もうね、コワイほど速い、ローカル環境でいじってるんじゃないかと錯覚しちゃうほど速い。初めて触った時は軽く感動したもんですよ。
そして最後、高速化に役立つ技術としてちょっと特殊なシステムが入ってて・・・これはあんまり言わない方がいいかもなんで詳細は省くけど、とにかくメチャクチャ最適化されてる。

使うニンゲンに使われるサーバー、その性能差はファミコンとPS4

色々書いてきたけどとにかくオーバースペック過ぎるこのサーバー、やっぱり結構お高い金額を支払うカタチになるんだけど、なんていうかホラ、速い方がイイじゃん?カッコイイじゃん?お金?まあ払えりゃいっか的な?
そんな気持ちで適当に切り替えたら古いデータの避難を忘れててサクッと光速で消えちゃった。

そんなワケなんでゼロスタートでお気楽に始めてきます。よろしく

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *